News

【green story vol.1】About Washi Wrapping

SORRY. JAPANESE TEXT ONLY. green bean to bar CHOCOLATEのたくさんのこだわりを少しづつお話する「green story」 今回は、みんなが気になっているおしゃれな和紙のラッピングについてお話します。 ひとつひとつ、手づくりによる「想い」を伝えたい 当店はカカオ豆から丁寧にチョコレートを作り、おいしいチョコレートを毎日たくさん大切に作っています。 そんな大切なチョコレートを包む素材として私達が選んだのは、1400年もの歴史があると言われている日本古来の「和紙」。 そんな伝統があり、人のぬくもりや想いが感じられる素材「和紙」を私達のチョコレートを包む素材に選びました。 私達が大切にしているのは「想い」です。 カカオ豆は生産者の方がひとつひとつ手作業で収穫をします。 そのカカオ豆をまた手作業で選別をして、時間をかけて1枚のチョコレートを作り上げます。 チョコレートになるまでのひとつのプロセスを最後のラッピングまで手作業で行うことで、カカオ本来の香りや味をチョコレートに閉じ込めるだけでなく、美味しく食べてもらいたいという想いもチョコレートに込めたいと私達は考えています。 1枚1枚スタッフによる手作業? そう!実は、1枚1枚全て販売スタッフによる手作業なんです!! 角度はこうかな? スタートはこの位置かな? どうすれば美しく綺麗に見えるか? などと考えて、想いも込めて1枚1枚丁寧に包んでいます。 産地によって違う個性的な柄の「和紙」は、デザイナーさんによる完全オリジナル。 日本中どこを探しても同じ柄はありません。 新作が出る毎にオーダーをかけて作ってもらっています。 デザイナーさんにはカカオ豆の採れる地域の特徴や味の特徴など様々な背景をお伝えし、イメージしてデザインしてもらいます。 毎回新作が出る度にどんな柄かワクワクドキドキ。 スタッフの中でもとても楽しみな時間です。 そんなこだわりがたくさん詰まった和紙だから、 「食べた後も捨てられない」 「外国人にプレゼントしたらすごく喜ばれた」 「和紙を額縁に入れてインテリアとして飾っている」 と言って頂けてとても嬉しいです。 お気に入りの1枚を選ぶ際、ぜひ「和紙」の柄にも注目してみてください。 greenの「和紙」のひみつは、おしゃれなだけじゃない!たくさんの想いが詰まった1枚です。

October 26, 2017

New arrival “Legendary cacao Chuao”

SORRY. JAPANESE TEXT ONLY. ベネズエラ チュアオ村より ベネズエラの北の沿岸に位置する小さな村チュアオ村から新しいカカオ豆が届きました! チュアオ村は世界中の中でも最高品質で希少価値が高く「伝説のカカオ」「世界一のカカオ」と呼ばれています。 他種のカカオと交雑しない特別な環境で育っているため希少となっていますが、2000年以降、そのカカオの希少価値が話題になり、チョコレートメーカーやショコラトリー各社が、こぞって争奪しているカカオです。 農園の作業は全て女性が行っており、それはスペイン征服時代から変わらず500年以上続いています。 一個人の団体ではなく、村全体でカカオ生産に取り組んでいて、カカオ豆は収穫されると村の1カ所に集められて発酵。 そして、乾燥されます。 稼いだお金はすべてチュアオ村のコミュニティで共有するといいます。 ”農園は家族みたいなもので、カカオ豆は自分の子供みたいなものだから、信用した人にしか売れない。”という方針のようです。 味のイメージは、柑橘系のフレッシュな酸味。 少し苦味もありますが、それを包み込むようなまろやかさ。 クリーミーで桃のようなフルーツ感もあります。 リズミカルな味わいの変化がありますが、最初からずーっと心地よさは続き、それは後味まで残ります。 どんな味の1枚になるのか、ワクワクします。 楽しみにしていてください!

October 26, 2017

First opening store at Kyoto

SORRY. JAPANESE TEXT ONLY. 11月1日(水)より1週間、ジェイアール京都伊勢丹に出店することになりました。 期間:11月1日(水)~7日(火) 場所: 地下1階 おいしさステーション 時間:午前10時~午後8時 歴史ある京都の街での初出店です。 ジェイアール京都伊勢丹では、「JAPAN SENSES」というテーマで、日本の伝統・文化が作り出す価値を再認識し、新しい価値として商品をご紹介する企画が11月1日より始まります。 そのスタートに合わせて、今回greenが出店することになりました。 1枚1枚丁寧に手作りしたチョコレートバーをメインにご紹介します。 初めましての方も。 待ちに待ったという方も。 京都で多くの皆様にお会いできるのを楽しみにしています!

October 26, 2017

First opening store at Salon du Chocolat Paris

SORRY. JAPANESE TEXT ONLY. 2017年10月28日 ~ 2017年11月01日に開催するチョコレートの祭典サロン・デュ・ショコラ パリに初出店することになりました。 世界最大のチョコレートの祭典 “サロン・デュ・ショコラ パリ”は、世界のショコラティエが集う最大級のイベントで、チョコレートの祭典と呼ばれています。 会場内では世界各国220のショコラティエやパティシエがブースを開き、来訪者はお気に入りのブランドを訪れます。 チョコレートの最先端を体験でき、チョコレートの潮流を知ることができる場でもあります。 そして何と言っても特別なのが、パティシエやショコラティエ本人と会えることです! 自分の好きなチョコレートを作ったシェフと直接会ったり、話したりできるってすごいですよね。 通常のラインナップに加え、グリーンレモンを使った限定ダークチョコレートやホットチョコレートもご紹介。 日本のbean to bar chocolateの素晴らしさと可能性を知ってもらいたいと思っています。 多くの人との出会いと新しい発見を楽しみに行ってきます!!

October 26, 2017

ホームページが新しくなりました。

SORRY. JAPANESE TEXT ONLY. 私たちのお店green bean to bar CHOCOLATEのことを多くの皆様に より深く知ってもらえるよう、ホームページをリニューアルしました。 green bean to bar CHOCOLATEってどういうお店? どんな人達がどんなチョコレートを作っているの? お店のコンセプトや大切にしていること、私たちならではのチョコレート作りのこだわりを知ってもらたらいいなと思っています。 「どんな原料が使われているのか」 「その原料がどう作られているのか」 「どんな工程でチョコレートが出来上がるのか」 口にするものだからこそ、私たちは安全性と透明性を追求していきたいと考えています。 ここに集まる人たちが好きな事に夢中になり楽しい時間を共有してもらえるよう、私達はより多くの情報と新しい発見をたくさん発信していきたいと思います。 私たちの想いがたくさん詰まったホームページ。 みなさんのお気に入りの場所になれたらとても嬉しいです。

October 26, 2017