August 8, 2018

DAY②:FCCI 集中カカオコース

プロフェッショナルのための「FCCI カカオ品質評価 集中コース」の2日目。

グループでの実践アクティビティが多い一日でした。
まずは「感覚刺激」のトレーニング。様々な物質のにおいを嗅ぎ、心地よい香りとはどういうものか、心地よくない香りとはどういうものか、感覚を探ります。




そして午後は、green bean to bar CHOCOLATEのアドバイザーでもある、クロエ・ドゥートレ・ルーセル先生による、チョコレートリカーとチョコレート製品の評価の実践トレーニングを。



舌のどの部分で感覚を捉え、それをどう表現していくのかを集中して模索していきます。
そしてその刺激をたよりに、そのチョコレート製品はどういう方法・過程を経て製法された可能性があるかなど、議論しながら進められていきました。

これらの実践トレーニングは、ファインカカオとチョコレートを見極めるための技術につながっていきます。
しかし'スペシャリティ'として高い価値がつけられ、取引されるのはほんのわずかです。
不平等なチョコレート市場の現状についても講義がされ、意見やアイデアが多く飛び交った一日でした。

Share this...
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on Pinterest