January 31, 2018

“VALENTINE’S LOVE”

ひとつの想いが花開き、実を結びますように。
バレンタインからホワイトデーまでをひとつの物語として、
2018年はお花と実をテーマにチョコレートを作りました。




バレンタインのチョコレートバー”VALENTINE’S LOVE”。

ペルーで採れたカカオ豆「パロブランコ」で作ったカカオ50%のミルクチョコレートをベースに、
鮮やかで香り高いローズペタルを散りばめて、
包みの金紙を開けるのが楽しみになるような愛らしいバーが出来上がりました。




金紙を開いた瞬間、目に飛び込んでくるローズペタル。
葉っぱやしぼんでいるものは手作業で選り分けて、丁寧に選別され、
綺麗な状態のものだけを華やかな香りと共にチョコレートに散りばめます。



パロブランコは、フレッシュフルーツの甘酸っぱさや、ドライプラムの風味がほんのり香るカカオ豆。
このお豆を低温でじっくりとローストすることで、アールグレイの茶葉のような香りと、
ミルクティーのようなまろやかな甘さが出て、すっきりとした味わいを作りました。
ほんのり香るローズのアロマは、ローズエッセンスの量にこだわって、爽やかな後味に。


苦味の強いチョコレートや渋さのあるチョコレートを合わせると、
せっかくのローズの香りとに、えぐみが生まれてしまうため、
苦味や渋さの少ない、パロブランコのミルクチョコレートを組み合わせました。




鼻腔をくすぐる薔薇の香り、ミルクチョコレートの優しい味わい、
そしてそれが相まって生まれる爽やかな後味。
ゆっくりと心地のよいアロマの移ろいに身を任せて。

恋人へ。友人へ。家族へ。
カカオと花の香りに乗せて、想いが花開きますように。



>>> "タンタシオンショコラ"についての記事はこちら
>>> COBI COFFEEさんとの限定セットについての記事はこちら


Share this...
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on Pinterest