DIRECT TRADE

原産国

タンザニア

領域

キロンベロ地区。新種の鳥類が発見されたり、霊長類や象が生息することで知られているウズングワマウンテン国立公園との境の、肥沃な湿原帯。

遺伝的特徴

トリニタリオ種

生産者

Brian LoBue と Simran Bindraの二人が起業した、Kokoa Kamiliは、キロンベロ地域にある1500もの小さなカカオ豆生産者(一農家1ヘクタール以下所有)より、カカオ豆を購入している。農家が収穫したばかりの、カカオポッドより取り出された湿ったカカオ豆を、現地市場価格より、はるかに高い値段で買い、その後、Kokoa Kamiliの運営する施設にて、発酵と乾燥が行われている。

社会的影響

Kokoa Kamiliが創設する以前は、キロンベロ地域のカカオ農家は、少量生産したカカオ豆を、発酵状態のよくない状態で、自らの庭で乾燥させていた。また、その地域のただ一人のバイヤーが設定した、安い価格で売らなければならなかった。Kokoa Kamiliが高い値段を設定したことにより、1500あまりのキロンベロ地域のカカオ農家の、収入と生活水準の向上に繋がった。

BrianとSimranの両者のプロ意識を以て、タンザニアを、アフリカでの、高品質カカオ生産国としての、地位に押し上げた。そして今、タンザニアのカカオ豆は、世界のトップのBean to Barのチョコレートメーカーの多くに使われている。

Share this...
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on Pinterest